本文へスキップ

商標登録を低費用で!商標出願のご依頼・相談はWORLD MARKs商標事務所へ

電話でのお問い合わせは03-6869‐5899

〒104-0061 東京都中央区銀座6-13-16 銀座Wallビル UCF501

 商標登録・商標出願についてのよくある質問

(韓国)2014年6月11日に商標法が改正されました。主な改正内容は「使用による識別力認定要件の緩和」「著名商標の希釈化の防止規定」「特定の取引関係があった者の模倣商標出願行為の防止規定」です。


1. 使用による識別力認定要件の緩和 
 新商標法では、使用による識別力を獲得するには、出願商標が出願日以前に使用されてきた結果、需要者間に特定人の商 標であると認識できる程度であれば足り、周知性又は著名性を求めないように識別力の認定要件を緩和しました。

2. 著名商標の希釈化の防止規定の新設
 新商標法では、著名商標の識別力又は名声を毀損させるおそれのある商標は、その登録を受けられないように規定(商標 法第7条第1項第1 0号)することで著名商標の希釈化の防止規定を設けました。

3. 特定の取引関係があった者の模倣商標出願行為の防止規定の新設
 新商標法では、「雇用などの契約関係、業務上の取引関係若しくはその他の関係を通じて知った他人の商標と同一又は  類似の商標について同一又は類似の商品・役務で登録を受けられないように規定(商標法第7条第1項第8号)しました。こ れにより、特定の取引関係にあった者が模倣して出願した商標の登録を阻止できるようになりました。