本文へスキップ

商標登録を低費用で!商標出願のご依頼・相談はWORLD MARKs商標事務所へ

電話でのお問い合わせは03-6869‐5899

〒104-0061 東京都中央区銀座6-13-16 銀座Wallビル UCF501

 商標登録・商標出願についてのよくある質問

(日本)商標出願〜商標登録まで

(4)商標の類似はどのように判断されますか?

商標の類否の判断は、商標の外観(見た目)、称呼(読み方)および観念(意味)のそれぞれを対比して総合的に考察されます。これらのうち一つでも類似すれば審査官は類似商標であるとして拒絶理由を通知する可能性があります。文字商標の審査では日本では「称呼」が重要視される傾向にありますが、審査官によって判断が異なり、総合的に見て一般需要者が間違うおそれがないようであれば非類似とされることがあります。日本語には同音異義語はたくさんあり、 読み方が同じでも漢字の構成(外観)が全く違えば非類似と判断された例は多数あります。

(称呼が類似する例)
1.「スチッパー」と「スキッパー」、「バンコシン」と「バンコミン」
 (同音数の称呼からなり、相違する1音が母音を共通とする。)
2.「アスぺ]と「アスパ」、「アトミン」と「アタミン」」
 (同音数の称呼からなり、相違する1音が50音図の同行である。)
3.「ヘトロン」と「ぺトロン」、「クレカ」と「グレカ」
 (同音数の称呼からなり、相違する1音が清音・濁音・半濁音の差にすぎない。)
4.「ダンネル」と「ダイネル」、「ヤマセ」と「ヤマセイ」
 (相違する1音がともに弱音か弱音の有無の差にすぎない。)
5.「レーマン」と「レマン」、「コロネート」と「コロネット」
 (相違する1音が長音の有無あるいは促音の有無、または長音と促音、長音と弱音の差にすぎない。)
6.「サイバトロン」と「サイモトロン」
 (同数音からなる比較的長い称呼で1音だけ異なるとき)
7.「キャンプベル」と「キャンベル」、「ビプレックス」と「ビタプレックス」
 (比較的長い称呼で1音だけ長いとき)

(観念が類似する例)
「冬」と「WINTER」、「太陽」と「SUN」など