本文へスキップ

商標登録を低費用で!商標出願のご依頼・相談はWORLD MARKs商標事務所へ

電話でのお問い合わせは03-6869‐5899

〒104-0061 東京都中央区銀座6-13-16 銀座Wallビル UCF501

 商標登録・商標出願についてのよくある質問

(日本)商標出願〜商標登録まで

(1)審査は第三者の先願商標との類否を判断するだけですか?他の審査事項はありますか?

審査ではまず「自他商品役務識別力」(商標法第3条)を有するか否かが判断されます。自他商品識別力がない商標は登録がされません。「自他商品役務識別力」がない商標とは原材料を表示する語(例えば、商品「ぶどうパン」に商標「ブドウ」)や、品質を表示する語・生産地などで、このような誰でも使用を欲する語に商標権を与えるのは適切ではないからです。これをクリアした後に先願商標との類否など について審査がされますが、自他商品役務識別力がありませんと原則として第三者との類否判断をするまでもなく出願が拒絶されます。他の主な審査事項は、公序良俗に反するか、日本国および外国の国旗と同一・類似するか、 著名な商標に似ているか、他人の氏名を含むか、品質や質の誤認をさせる商標(青森産でない「りんご」に商標「青森○○」を出願など)です。